40代の脱毛

60代で脱毛するべき?しないべき?行きやすい脱毛サロンは?

パソコンを見ながら悩む女性

介護脱毛や終活のひとつとして、脱毛する40代50代の女性が増えていますが、実は60代の女性も脱毛サロンに通っているんですよ。

今60代の女性が若かったころは、脱毛サロンなんてありませんでしたし、ムダ毛の処理は自己処理でした。

だから、60代の女性はいまだにムダ毛を自己処理している人が多いんですね。

でもそんな中でも、「60代だけど脱毛に通う選択」をしている女性がいるのは確か。

そこで今回は、60代の女性でも脱毛すべきかVSしないべきか…通いやすい脱毛サロンについてご紹介しますね。

「今更脱毛なんてしてもねぇ…」なんて思わずに、ぜひ記事をお読み下さいね。

60代でも脱毛に通っている女性がいる理由が、バッチリ分かりますよ!

60代でも脱毛したい?!

女性はいくつになっても女性といわれていますが、やはり60代になってもムダ毛は気になるもの!

当ブログ管理人の母もちょうど60代後半ですが、「スネ毛」「わき毛」「鼻下や口周りの産毛」「VIOのムダ毛」が気になると言っていました。

この部位は、年齢を重ねても薄くならず、むしろ「若い頃より濃くなった…」と嘆いてたんです。

確かに、特に顔の産毛がずいぶんと立派だな…と母の顔を見て思いました。

きっと閉経して女性ホルモンが減ってしまい、ムダ毛も濃くなってしまったんですね。

髪の毛と違い、白髪になっている体毛はそれほど多くなく、黒黒としたムダ毛が以前より目立っていました。

また、70代の知人の女性が、病気になって入院していたのですが、見舞客に顔を見られるのを嫌がってたんです。

なぜかというと、入院中で顔のムダ毛のお手入れができていないから見られたくない…ということだったんですね。

女性はいくつになっても女性…という典型的なお話ですが、確かに伸ばしっぱなしのムダ毛を見られるのは、いくら60代や70代の女性でも嫌なものなんです。

だからもしあなたが、「こんな年齢だけど、脱毛したいな…」と思うのは、とても自然なことです。

むしろ、女心や女性としての尊厳を忘れていない、素敵な女性だと思いますし、そのこころを大切にしていただきたいな…と個人的に思っています。

60代でも脱毛すべき?しないべき?

さて、そんな女心を踏まえて、60代の女性でも脱毛すべきか、しないべきか…ですが、管理人の意見としては「しておいたほうがいい」と思っています。

なぜかというと、やはり女性はいくつになっても女性という意識が残るので、お手入れが行き届かないムダ毛を見られるのは、嫌だと思うんですね。

でも70代以降になると、病気をしたり、体調を崩しやすかったりと、お身体のムダ毛のお手入れにまで、気を回すことができなくなります。

さらに老眼が進んで、自分でムダ毛の処理が難しくなることも。

お手入れをする余裕がないけど、ムダ毛を人に見られる機会はむしろ増える…そんな状態だと、すごくストレスが溜まってしまうと思いませんか?

また、VIOのムダ毛も、介護をされるときになると、他人や家族に見られることになります。

局部をみられることだけでも恥ずかしいのに、ムダ毛が生えていると、排泄処理に時間がかかり、余計に恥ずかしい思いをします。

さらにムダ毛があることで臭いの原因にもなりますので、介護者にとっても自分にとっては排泄処理がストレスになることも…。

ムダ毛に排せつ物が残ると、炎症や感染症の原因になるので、脱毛しないデメリットのほうが大きいんですね。

これらの点から、私は60代でも脱毛したほうがいい…と思っています。

脱毛サロンに通う60代もいるの?

そうはいっても「60代で脱毛サロンに通うのは恥ずかしい…」という思いもありますよね。

私も脱毛サロンに聞いてみましたが、「60代の女性でも脱毛に通っていますよ。」とのことでした。

スタッフにとっては、60代の女性が通うのも普通…というニュアンスだったので、安心していただいて大丈夫ですよ。

それでも気になる方は、通う支店や時間を選ぶと、より通いやすくなります。

60代の脱毛でも大丈夫!通うときは支店や時間を選べばOK

若い女性があまりにも多い脱毛サロンだと、通うことに躊躇してしまいますよね。

でも若い女性が比較的少ない時間帯や支店があるんです。

60代が通うときに避けたほうがいい支店

まずは60代の女性が通うときに避けたほうがいい脱毛サロンの支店について。

それはずばり、「若者の街にある支店」や「学生街にある支店」や「乗降客の多い駅にある支店」です。

これらの街や駅には、若い女性が比較的多く集まるので、その街にある支店に通う場合が多いです。

東京を例にとりますと、池袋、渋谷、新宿、銀座…などは10代~30代の女性が多いです。

でも逆に考えますと、「都会から離れた駅にある支店」や「ファミリー層や高齢者が多く住む駅にある支店」などは、年配の女性も比較的多めになる傾向が。

もちろん通いやすさにもよりますが、もし都会にある支店と、郊外にある支店のどちらにも通えるようでしたら、なるべく郊外にある支店を選ぶことをおすすめします。

60代が通いやすい時間帯

次に通いやすい時間帯について。

まず、若い女性は学校帰りや仕事帰り、そして休日に脱毛サロンに通う傾向があります。

つまりその時間帯を避けるといいでんすね。

時間としては平日の午後~夕方です。

この時間帯はまだ脱毛サロンも混み合う前なので、雰囲気も落ち着いていますし、リラックスして脱毛してもらうことができますよ。

ただ、支店によって違いはありますので、一番は無料カウンセリングのときに、人が少ない時間帯があるかどうか、聞いていただくといいと思いますよ。

60代でも通いやすい脱毛サロンは?

最後に、60代の女性が通うのにおすすめのサロンについてご紹介します。

まずはエステティックのTBC

こちらの一番の特徴は、白髪でも脱毛できるスーパー脱毛があること。

女性も年齢を重ねると、太くて長いムダ毛が3本だけわき毛に生えている…という状態になることがあります。

そんな時は、1本1本を確実に処理できる、TBCのスーパー脱毛がぴったりなんですね。

もちろん、広範囲を脱毛できるライト脱毛もあるので、使い分けができます。

脱毛サロンの中でも、高級感がある内装で、エステの中でも老舗のため、雰囲気も落ち着いていて60代の素敵な女性にぴったり。

脱毛も美容成分たっぷりのジェルを塗ってもらえますので、脱毛後はお肌もツルツルに…!

エステ感覚で通えます。

そしてもう一つおすすめなのは、湘南美容外科クリニック。

湘南美容外科クリニック

こちらは医療脱毛になるのですが、脱毛サロンよりも少ない回数で、脱毛効果が出てきます。

しかも脱毛メニュー以外もある病院なので、待合室には老若男女問わず訪れます。

そのため、誰がなんの目的で通っているか、バレることはありません!

だから60代でも通うのは全く違和感がないんですよ。

特にワキ脱毛、VIO脱毛がリーズナブルなので、介護のことが気になる方は、無料カウンセリングで確認してみることをおすすめいたします。

思い切って脱毛すると、かなり快適になりますよ

私も60代の母に脱毛をすすめていますが、思い切って脱毛すると、かなり快適になるのは間違いないです。

60代であっても、お化粧は必須ですし、顔のムダ毛も剃りますよね。

そんな手間もなくなりますし、脱毛によって毛穴の開きが改善された…という口コミもあり、女性にとっては、脱毛するメリットがかなりあるんですよ。

もし迷っているようでしたら無料カウンセリングやキャンペーンをチェックしてみてください。

一度行ってみると、意外なほどにハードルが低いことが分かり、通うのも楽しくなりますよ。

湘南美容外科クリニック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です