40代の美容

アルジルリンとシンエイクで40代のシワが消える?!おすすめのコスメはコレ!

キレイな女性

40代にもなると、お肌のシワやたるみが気になってくると思います。

管理人ももれなく40代になってから、お肌の衰えをひしひしと感じております。

目尻や目袋に細かいシワができたり、ほうれい線がうっすらできたまま改善できなかったり…。

写真もいつの頃からか、映ると顔に影ができて、「イケてない仕上がり」に。

そのため最近は写真も撮ってないです…💦

でもそんな40代に朗報…!!

塗るボトックスって聞いたことがありますか?

ボトックスはお肌にボトックス注射をして、表情筋の伸縮を抑えることで、肌のシワを無くす…という美容整形術です。

塗るボトックスはそれとは違い、ボトックスと同じ働きをする成分を配合したコスメのことです。

ただ、同じ働きをするから通称「塗るボトックス」と言われるだけで、厳密にはボトックスとは違います。

この塗るボトックスには「アルジルリン」と「シンエイク」って2つの成分があるのですが、これがスゴイ…!!

もしかしたら、あなたの悩みである顔のシワやたるみも解決できるかもしれませんよ…!

アルジルリンとは?

塗るボトックスのまずひとつ目はアルジルリン。

アルジルリンは別名アセチルヘキサペプチド-3と言われるアミノ酸を集合させた植物由来の合成ペプチドです。

6つのアミノ酸を結合していますが、開発したのはスペインのリポテック社。

スペインではボトックス注射が法律で禁止されているんですけど、ボトックスを望む声が多かったため、急いで開発された新しい成分なんです。

ボトックスと違い、肌の上から塗るだけで、同じような働きをしてくれるので、注射みたいに怖い思いをしないですみます。

使い続けると、筋肉を動かす神経細胞の放出を抑えて、表情筋の緊張をリラックスさせます。

さらに表情筋の伸縮を抑えてシワを伸ばしてくれるので、表情ジワを改善できるという仕組みです。

おでこの横皺、眉間の縦じわ、目尻のシワなどなど、色んなシワに効果的と言われていますよ!

細胞に働きかけますが、ボトックス注射のように表情がこわばる心配もありません。

さらにお肌にハリが戻りますが、突っ張る感覚はなく、塗った後は比較的サラッとしていることが特徴です。

また、今までアレルギーや副作用の報告も一切ありません。

アルジルリンが配合されたクリームは『シワ取りクリーム』と言われ、エイジングサインが出始めた女性に大人気です。

シンエイクとは?

シンエイクの成分名はジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド。

ややこしい名前ですね…💦

スイスの製薬会社であるペンタファーム社が開発しましたが、2006年にはスイステクノロジーアワードを受賞したすごい成分です!

先程ご紹介したアルジルリンのなんと6倍もの効果があると言われ、アルジルリンよりも後に開発されました。

一時期話題になった成分なので、ご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんね。

こちらもボトックスと同じ原理で、固くなってしまった筋肉に、神経遮断物質と同じ働きをする成分を塗ることで、筋肉をリラックスさせてなめらかにします。

シンエイクは蛇の毒の成分に似た配合を人工的に作ったものなので、毒を肌に直接塗っているわけではないです!

肌に塗っても大乗なので、どうかご安心くださいね。

肌がなめらかになるので、シワができにくくなりますし、できちゃったシワも使い続けると薄くなっていくと言われていますよ。

こちらも副作用の心配はありません。

ボトックス注射よりも塗るボトックスが優れている点

アルジルリンとシンエイク。

この塗るボトックスは、ある意味ボトックス注射よりも優れていると言われています。

それは

  1. 未だ副作用の報告がないこと
  2. 費用が安くすむこと
  3. 顔に注射をするより手軽なこと
  4. 使い続けるごとに効果を感じやすいこと

こんな理由から。

アルジルリンもシンエイクも、開発されてコスメに配合されてから、未だ副作用の報告はありません。

安全性の高い成分なので、ボトックス注射よりも万人向けなんですね。

さらにボトックス注射の場合は、1部位ごとに費用は数万円、顔全体だと数十万円かかると言われ、さらに持続効果は数ヶ月から半年です。

つまりシワへの効果を持続させるためには、1年に最低でも2回は注射をしないとダメということ。(年に30~60万円前後はかかっちゃうってことですね)

それに対して塗るボトックス成分配合のコスメは、比較的普通のコスメと同じくらいの価格が殆どで、リーズナブルに続けることができます。

何より『顔に注射をする』という恐怖も無し。

いつものコスメを、塗るボトックス成分配合のコスメに変えればいいだけなので、不安はありません。

ただ、唯一の欠点もあります

塗るボトックスがボトックス注射よりも劣っている点

塗るボトックスの欠点は

効果が現れるまで時間がかかる

ということ。

塗るボトックスは副作用がないぶん、効果も緩やか。

お肌の新陳代謝に合わせるように、大体2週間から1ヶ月ほどは最低でもかかります。

対してボトックス注射は、注射をしてすぐにその効果を感じます。

この即効性の高さはボトックス注射に軍配が上がりますね!

ただ、その分ボトックス注射は、顔の表情筋が動きにくくなって、他人から見てかなり不自然に見えることも…。

塗るボトックスではそういったことは無く、突っ張る感覚も無いので、より自然に変わっていくことができますよ。

管理人は断然「塗るボトックス派」ですね~。

顔に注射をするのは嫌だし、何より費用が高く過ぎて続けることができません!!

でも塗るボトックス成分配合のコスメは、ただ今あるコスメを変えればいいだけだから、毎月使う美容代は変わらず。

家計にも優しいのに今よりもきれいになっていけるので、私は断然塗るボトックス派です!

おすすめの塗るボトックスコスメは?

ボトックスと同じ働きをするのに、コストパフォーマンスがいい塗るボトックス。

ぜひぜひ使ってみたいですよね…!

管理人も塗るボトックスのことを知ってから、40代にぴったりなコスメが無いか、探してみました!

塗るボトックス配合コスメはいくつかあるのですが、なんとアルジルリンとシンエイクの両方が配合されているコスメを見つけたんです…!

どちらか一つだけ配合のコスメはあるのですが、両方の成分を配合しているシリーズはほとんどありません!

より塗るボトックスの実感を得られるタイプなので、参考にしてくださいね。

シンエイクとアルジルリン配合のエイジングラボルテ

シンエイクとアルジルリンの両方が配合されているのはエイジングラボルテ。

エイジングラボルテは基本的に

  1. ローション
  2. 美容液
  3. 美容乳液

と3アイテムでスキンケアが終了します。

この美容液の中にアルジルリンが、そしてすべてのアイテムの中にシンエイクが配合されています!

アルジルリンとシンエイクは、シンエイクのほうが確かにパワーがあるんですけど、エイジングラボルテの美容液(パーフェクトリンクルセラム)の中には、アルジルリンの効果を助けるロイファルという成分がなんと10%も配合されてるので、シワへ強力にアプローチしていきます!

さらにアルジルリン自体は、美容液には23%も含まれています!!

コレは驚愕の数値。

美容液の約3割の成分が、シワへのアプローチに優れた塗るボトックス系なので、40代のシワ対策にもってこいなんです。

さらに美容乳液であるエステティックplusにはシンエイクがしっかり配合されていますので、使い続けるにつれてお肌への実感は確かなものになります。

どちらもお肌につけるときは、下から上に軽く持ち上げるようにしてつけると、よりお肌のリフトアップを感じられますよ。

シワやたるみはメイクでは隠せません…!

だから普段のスキンケアを塗るボトックス配合のコスメに変えることに、大きな意味があるんですね。

私もおためしセットを取り寄せましたので、使い心地をご紹介します!

乾燥による小じわにエイジングラボルテを試してみた

エイジングラボルテのお試しセットは、7日分で1000円と格安。

まずは塗る前の管理人の肌です↓

最近忙しくて、スキンケアをおざなりにしていたら、頬の毛穴に沿って縦の細かいシワができちゃったんです…!!

画像で赤丸の箇所が特に酷いところです。

もうコレ、完全に「乾燥による小じわ」ですよね…!

別の角度…。

ほうれい線も目立ちますが、頬の毛穴に沿って、縦にシワが寄るなんて聞いたこと無いよ~~(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

そんな緊急事態だったので、ちょうどいいタイミングでエイジングラボルテを試すことができたんです。

アミノ酸ベースのエステティックローションplus

エイジングラボルテのローション

お試しサイズは15ml。

エイジングラボルテのローション

1回に使う量は500円玉ひとつ分ですが、それだとちょっと多いかもしれません。

少しの量でかなり伸びるんですよ。

半量ずつだして、二度づけするといいかもですね。

こちらのローションには、ヒアルロン酸の約2倍の保水力があると言われている「ポリクオタニウムー51」という保湿力抜群の成分が配合されています!

そのためか、見た目は乳白色で少しとろみがあります。

エイジングラボルテのローション

塗ると「思いっきり潤う!!」という感触ですが、あっという間にお肌はサラサラになって使い心地は重たくありません。

非常に使い勝手が良いんですね。

サラサラになった後は、お肌がふっくらしたようになったのでついつい触ってしまいます…!

塗った後のお肌がコレ↓

潤いのおかげでお肌がふっくらしたので、先程あった、醜い毛穴に沿った縦じわが緩和されてます…!

やっぱりめちゃくちゃ乾燥してたんですねぇ…。

お肌には保湿が必要ってよく分かる例です…。

アルジルリンが高配合のパーフェクトリンクルセラム

2番めに使うのは美容液。

エイジングラボルテの美容液

こちらのパーフェクトリンクルセラムには、先述したようにアルジルリンが高配合なので、否が応でも期待が高まります…!

…と、袋から出しにくい…。

1gしか入っていないのに、袋が大きめなので、絞り出すのが難しくて汚くなっちゃいました↓ずこ~ん…😞

エイジングラボルテの美容液

見た目は汚いですが、1gといってもかなりの量が入っています。

美容液は3袋しか無いので、もしや1袋で2日分?

それとも1日おきに塗るの??

よくわかりませんが、1回目なので1袋全部使います!

この美容液が非常によく伸びる!!

伸びすぎるくらいなので、顔だけでは使い切れず、首や手足にまで塗ったw

ここまで伸びると、一瓶購入しても持ちが良さそうですね。

こちらは下から上に皮膚を持ち上げるように、つけていきます。

この美容液がね…肌の中までじっくり入っていく感じで、一気にお肌の様子が変わります!

手が肌に吸い付くようになって、さらにキュッと引き締まった感触が。

そのためか、毛穴が目立たなくなったんです↓

エイジングラボルテの美容液エイジングラボルテの美容液

まだ美容液ですが、最初の頃と印象が変わってます。

最初はこちら↓

同じ角度ですが、縦じわが無くなってほうれい線も目立たなくなってる…!

見た目からも潤っていることが分かり、お肌のみずみずしさが戻りました。

美容液って省く方も多いと思うのですが、使うのと使わないのとでは大違いですね。

潤うのに、こちらもサラッとした軽いテクスチャです。

シンエイク配合!エステティックモイストplus

最後は美容乳液のエステティックplus。

エイジングラボルテの美容乳液

量は10ml。

エイジングラボルテの美容乳液

こちらはこっくりしたテクスチャで、他の2つよりは塗った時にペタペタした感触があります。

エイジングラボルテの美容乳液

ただ、嫌な感触ではなく重みがなくて軽いつけ心地。

お肌にスルッと入り込んでぷるぷると潤いを与えます。

マカダミアナッツオイルが配合されているので、お肌に適度な油分を与えて、ローションや美容液の美容成分が蒸発しないようフタの役割をしてくれます!

まさに潤いによるバリアをお肌に張ってあげる感じで、刺激にも負けないお肌に仕上がります。

つけた後の肌のドアップ画像がこちら↓

エイジングラボルテの美容乳液

ハリとツヤが…!!

もはや毛穴自体が目立たなくなってますね…!

エイジングラボルテを使ってみての感想

このシリーズは使ってみると分かるのですが、どれもしっかり潤すタイプなのに、塗って暫く経つとサラサラ感触になるんです。

だから使い心地が良くて、スキンケアの後に化粧をしても、問題ありません。

塗った後はお肌が元気になって、メイクをしてもワントーン上がった仕上がりに。

特に↑の赤矢印のところがいつもメイクがヨレたりしたんですけど、今回はメイクをした後も、ヨレることなかったです。

他のスキンケアと、使った後の仕上がりが全然違いますね…!

今回は乾燥による縦じわはあっという間に消えて毛穴がキュッと締まりましたね!

塗るボトックス使い続けることで、効果を発揮しますので、さらにほうれい線や深いシワへのアプローチも期待できそうです。

結論:アルジルリンとシンエイクはかなり優秀な成分!

今回使ったのはエイジングラボルテですが、塗るボトックスのパワーが垣間見える使い心地でした!

ただ、塗るボトックスが配合されていればそれで良いわけではなく、やっぱり配合量とか他の美容成分との相性もあると思うんです。

エイジングラボルテはアルジルリンの効果を高めるロイファシルも一緒に配合してますし、他の保湿成分も豊富に含まれている点が高く評価できます!

さらに使い心地の良さも重要で、塗った後のお肌の艶感がお気に入りになりました。

もしメイクで消せないたるみやシワに悩んでいたり、お肌の乾燥がひどいときは、試して損はないお試しセットだと思います。

特に細かいシワや乾燥ジワは効果てきめんだと思いますよ。

エイジングラボルテのお得なおためしセットを見る

エイジングラボルテの公式サイトはこちら>>