40代の脱毛

終活で脱毛する人がいるってホント?どの部位を脱毛するといいの?

オルビス クレンジングリキッド

若い女性の多くが脱毛に通っている中、終活として脱毛サロンやクリニックに通う40代以上の女性も増えているそうです。

若い女性の美容目的とはちょっと違うのですが、脱毛料金が格安になった今だからこそ、将来の介護を見越して脱毛する方がいるんです。

今回は終活の一つとして脱毛する理由と、脱毛したほうがいい部位についてご紹介します。

終活って?40代から終活を始める人も急増

終活とは、簡単に言うと「自分らしい最後を迎えるために準備をしておくこと」や「後に残される人の負担にならないよう、生きているうちにできることをしておく」ことなどを指します。

立鳥跡を濁さず…といいますが、自分が去る前に後始末をきちんと行い、死ぬときも美しく死んでいく…という前向きで潔い生き方をするための活動のことですね。

どんな活動を行うかは人それぞれですが、エンディングノートをまとめたり、遺言書を書いたり、家系図を整理したり、家の中を断捨離したり、そのように「整理する」「身ぎれいにする」ことに重点を置く活動が多いことが特徴です。

その一つとして、「脱毛する」という選択をする女性が増えているんですね。

ではなぜ、終活の一つとして脱毛をするのでしょうか。

なぜ終活の一つで脱毛をするの?

終活の一つとして脱毛をする理由は、主に3つあります。

①介護を見越して

介護

死ぬ前に訪れるもの…それは介護です。

介護の時に排泄処理がありますが、おむつ交換の時に、局部を他人もしくは家族に見られることになります。

その時に、みられる恥ずかしさはもちろん、ムダ毛があることで排泄処理に時間がかかったり、介護をしてくれる人が大変な思いをすることになるんですね。

その負担をなるべく少なるするために、エチケットとして脱毛をしておこう…という方が多いんです。

もちろん、ムダ毛のお手入れをしておくと、排泄処理にかかる時間も少なくなるので、恥ずかしい思いをする時間も短くなる…という自分にとってのメリットもあるんです。

②身ぎれいな姿で最期を迎えたいから

菊の花

二つ目の理由としては、やはり「身ぎれいにしておく」という女性らしい意識からです。

通常のお葬式を行う場合、お葬式などを執り行う前に看護士さんや葬儀屋さん(納棺師)が遺体をきれいにします。

死に化粧なども行ってくれますよね。

その時に、自分の体が人目にさらされることになります。

また、お葬式の時には、お別れとして参列者のほとんどのかたに、顔を見られることになります。

そして、お葬式の最後には、足袋や手甲を遺族が遺体に着せていきますが、その時にも自分の体がたくさんの人の目の前で露わになります。

そんな時も、みんなに見られるなら、なるべくきれいな体でありたい…そんな気持ちから、身ぎれいにしたいと思って脱毛する女性が多いんですね。

確かに顔はかなり間近で見られることになりますし、足袋をはかせてもらうときも、足を持ち上げて着物の裾がはだけることもあります。

もし、長いムダ毛がふさふさ生えていたら…その時には亡くなってはいますが、なんだか想像するだけでちょっと恥ずかしいですよね。

亡くなるときにはもうおばあちゃんになっているかもしれませんが、それでもムダ毛があるのとないのとでは、見た目の身ぎれいさが全く違います。

「死ぬときもなるべく身ぎれいな姿で旅立ちたい…」

そんな女心から、脱毛をするんですね。

③やっておけばよかった…と後悔したくないから

パソコンを見ながら悩む女性

あともう一つは

「若いころに解消できなかったコンプレックスを解消したい」

という思い。

若いころはムダ毛がとにかく気になりませんでしたか?

デートや夏の度に、苦労して自己処理を続けた思い出…。

そのコンプレックスは40歳を超えても解消できるものではなく、むしろ脱毛しないまま晩年を迎えると、「やり残してしまった感じ」が残ってしまうと思う方も。

そのため、やり残しがないよう、脱毛する女性もいるんですよ。

終活脱毛で脱毛するといい部位は?

終活脱毛として脱毛しておくといい部位をご紹介しますね。

まずはやはりVIO脱毛。

これは介護の排泄介助にかかる負担を減らすためです。

特にOラインのムダ毛が無くなれば、相当負担が減るのでおすすめです。

次はワキ脱毛。

ワキ脱毛は、やはり介護の時にお風呂に入ったり、清拭をするときにないほうが清潔感を保てますし、臭いの原因も解消できます。

女性は、わき毛を他人に見られるのは恥ずかしいと感じますので、介護される年齢の前に脱毛を完了しておくといいですよ。

最後は顔脱毛。

顔脱毛は介護では関係ありませんが、脱毛を完了しておけば、最後の瞬間まで身ぎれいな状態で迎えられます。

お棺に入った時に顔をじっと見られますが、鼻から鼻毛が出ていたり、あごからちょろっと長いムダ毛が生えてたら…ちょっと恥ずかしいですよね。

顔脱毛をすると毛穴がキュッと締まって、顔のお肌が滑らかになります。

化粧ノリも良くなるので、女性にとっては嬉しいことづくめ。

化粧は60代・70代になってもするものですし、40代以降に顔脱毛をするのも、決して遅くはない部位ですよ。

部位別でおすすめの脱毛サロンとクリニック

それでは、終活目的でVIO脱毛や顔脱毛したい場合に選びたい、脱毛サロンやクリニックをご紹介しますね。

終活でVIO脱毛するときは…

湘南美容外科クリニック
脱毛サロンやクリニックはピンキリなのですが、VIO脱毛は比較的脱毛回数が必要になりますので、できればしっかり効果が出る医療脱毛がおすすめです。

全国的に有名な湘南美容クリニックは、脱毛クリニックの中でも、VIO脱毛が飛び抜けて安いです。

医療脱毛なら、脱毛サロンの脱毛の約3倍の威力があるので、ガンコなVIOのムダ毛も根こそぎ脱毛できます!

介護の時に一番ネックになるのが、このVIOのムダ毛。

医療脱毛で永久にさよならできたら、老後の準備も万端です。

クリニックは脱毛以外の患者さんも数多く通っているので、気兼ねなく通えることも利用しやすい理由の一つですね。

OKを出す女医
湘南美容クリニックのレーザー脱毛が40代50代の女性に人気の理由湘南美容クリニックは、40代以上の女性にもおすすめの脱毛クリニックです。医療脱毛は、脱毛エステに比べて脱毛完了までが早いですが、湘南美容クリニックなら比較的リーズナブルな料金でVIO脱毛やワキ脱毛ができます。...

終活でワキ脱毛をするときは…


もし、終活でワキ脱毛をしたいときは、脱毛サロンのミュゼがおすすめ。

ミュゼは毎月お得な脱毛キャンペーンを行っていますが、それがどれもワンコイン以下!!

しかもワキ脱毛とVライン脱毛のし放題がついてきます!

ココまでお得なワキ脱毛は、ミュゼ以外で見たことがありませんね。

この価格なら、家族に知られずにこっそり脱毛することができますし、もし途中で通えなくなっても、お財布に全く影響がありません。

ミュゼは口コミを大切にしているので、激安キャンペーン脱毛だけでも、嫌な顔をされたり他のプランに誘導されることもありません。

サクッと脱毛してサクッと帰れることがいいですね。

ただ、これだけお得なキャンペーンをしているので、店舗数が多いのに予約が取りにくいことが唯一の難点!

そのため、もしワキ脱毛を考えているなら、お早めの申込みがおすすめですよ。

終活で顔脱毛をするときは…

最後に顔脱毛について。

顔脱毛は他の脱毛と違い、ちょっと慎重になる必要があります。

顔の皮膚はかなりデリケートなので、脱毛のやけどのリスクや肌トラブルのリスクも、しっかり考えないといけないんですね。

そのため、できれば肌負担が最小限の脱毛機を導入しているところを選んでください。

脱毛サロンで言えば、ディオーネのハイパースキン法が、お肌にかなり優しい脱毛法です。

3歳の子供でも脱毛できるくらい痛みが少なく、肌への負担も少ないのです。

だから年齢とともに敏感になりがちな、大人の顔脱毛にもぴったり。

脱毛機から照射される光には、フォト美顔という特殊な光が含まれているうえ、美容保湿ローションでばっちりアフターケアもしてもらえますので、むしろ脱毛後のほうがお肌がきれいに!!

フェイスエステを同時に受けられるような美容脱毛ですので、終活を考えていない方でも、通いたくなってしまうような脱毛サロンです。

結論:終活のひとつとして脱毛もあり

終活の一つとして、脱毛が入るなんて、まさに女性ならではの発想ですよね。

でもそこには「なるべく恥ずかしい思いをしないように」「エチケットの一つ」「死ぬときもきれいな姿で」という女心があることがよくわかります。

今は脱毛料金もかなり安いので、自分の女性度をアップするために通うのもいいですよね。

脱毛すると肌がきれいになるので、終活をしない人でも自分磨きとして通ってみるのもいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です